今年から食品の効能の表示規制が緩和され、国のお墨付きがなくても、○○に効くという表示ができるようになりました。

血糖値に効果があると謳うお茶も増えてきそうです。

とはいえ、飲むならば信頼できるものを飲みたいですよね。

信頼できるといえばトクホです。

消費者庁のホームページ(http://www.caa.go.jp/foods/index4.html)の特定保健用食品許可(承認)品目一覧を見ると、血糖値の上昇を抑えるお茶(茶系飲料)は58種類あります。

これを飲めばOKですね。

けれど、国の保証があるといっても、どうして効くのかという仕組みぐらいは知っておきたいものです。

先ほどのお茶のうち、56種類が食物繊維により、2種類がグァバ葉ポリフェノールにより食事の際の血糖値上昇を抑えています。

それぞれ血糖値が抑えられる理由を説明しましょう。

食物繊維が血糖値を抑える理由ですが、これらのお茶に含まれる食物繊維が、水に溶けやすく胃の中でドロドロした液体になります。

すると、胃から小腸への食べ物の移動が緩やかになって、糖分を吸収する速度が遅くなり、血糖値の上昇を抑えることができます。

また、ゆっくり消化することでインスリンがより正常に作用するため、血糖値を下げることにつながります。

グァバ葉ポリフェノールの場合、グァバ葉ポリフェノールが糖分を分解する酵素の働きを弱めることで、でてくるブドウ糖の量を減らすことができます。

吸収するブドウ糖が少なくなれば、その分だけ血糖値は上がらなくなります。

参考資料
特定保健用食品許可(承認)品目一覧[xls:616KB]
http://www.caa.go.jp/foods/index4.html

食品の違いによる食後血糖への影響
http://libwww.gijodai.ac.jp/newhomepage/kiyo2003/16-2003.pdf

グアバ葉熱水抽出物のdb/dbマウスにおける抗糖尿病効果およびヒト飲用試験による食後血糖値上昇抑制効果
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/72/8/72_8_923/_article/-char/ja/

トリキュラー21が最安値の通販は?