ヤクルトから出ている蕃爽麗茶というお茶が、血糖値が気になる人に適しています。

私の祖父も蕃爽麗茶を飲んでいました。

血糖値が高かったからです。

蕃爽麗茶の味は正直、好き嫌いが出るようなタイプのお茶です。

でも、グァバ葉ポリフェノールが入っているので、糖の吸収は緩やかになります。

ここが蕃爽麗茶の最大の魅力です。

私の祖母も糖尿病の境界型でしたが、蕃爽麗茶を飲み続けたことによって血糖値が改善しました。

ヤクルトの蕃爽麗茶のホームページからも、実際に蕃爽麗茶を飲んだ人の食後の血糖値が公開されています。

19人の食後の血糖値の平均値で、蕃爽麗茶を飲んだ人のグループは大幅に、食後の血糖値が下がっていることが確認されています。

グァバ葉ポリフェノール入りの蕃爽麗茶は、持ち運びにも便利な200mlのパック飲料タイプのものもあるので、外出先でも安心して外食ができます。

グァバ葉ポリフェノールは、トクホ食品の関与成分として許可済みとヤクルトの中央研究所のサイトでも公開されています。

トクホは、特定保健用食品の略のことで、許可されているものには、人が両手を上げてバンザイをしているイラストに、消費者庁許可 特定保険用食品の文字入りのマークで表示されています。

血中コレストロールの正常化の補助的な働きをすることにおいて、実際に国が試験審査をしているものに出せるものなので、信ぴょう性のあるものにしか、トクホの許可はおりません。

東京都の保健局でも、血糖値の保険機能成分の欄に、グァバ葉ポリフェノールが許可されている旨が公開されているので、血糖値が気になる方には、ヤクルトの蕃爽麗茶はおすすめの一品です。

バルトレックスを最安値で買える個人輸入代行サイトはここ